休日に関するQ&A

休日の振替日で労働時間が40時間を超えたら、割増賃金はどうなりますか?

Answer

1週1日の法定休日の要件を満たせば、休日が労働日に変更されても法定休日労働になりませんが、1週40時間を超えて労働させることになる場合は割増賃金の支払いが必要です。

目 次

  • 振替休日の割増賃金

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/10/12(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

振替休日の割増賃金

休日の振替を行うためには、振替日を事前に労働者に通知しておくことが必要ですが、1週1日の法定休日の要件を満たせば、休日が労働日に変更されても法定休日労働にはなりません。

また、休日労働が発生する前に、休日と労働日が振り替えられていますから、一見割増賃金の支払いも要しないように思えます。

しかし、振替日が同一週内に無い(翌週に振り替えた)場合には、1週40時間を超えて労働させることになる場合があるため、その超過時間については、2割5分の時間外割増賃金の支払いが必要です。


前へ  MENU

TOP

このページの先頭へ