振替休日の割増賃金

休日の振り替えにより週の労働時間が40時間を超えたら、割増賃金はどうなりますか?
1週1日の法定休日の要件を満たせば、休日が労働日に変更されても法定休日労働になりませんが、1週40時間を超えて労働させた場合には割増賃金の支払いが必要です。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

振替休日の割増賃金

休日の振替を行うためには、振り替える労働日を事前に労働者に通知しておくことが必要です。

休日と労働日を振り替えても、1週1日の法定休日の要件を満たせば、休日が労働日に変更されても法定休日労働にはなりません。

休日労働が発生する前に、休日と労働日が振り替えられていますから、一見、割増賃金の支払いが必要ないように思えます。

しかし、振替日が同一週内にない(翌週以降に振り替えた)場合には、1週40時間を超えて労働させることになる場合があるため、その超過時間については、2割5分の時間外割増賃金の支払いが必要です。

法定休日を特定している場合

他方で、休日を特定している場合は、どうでしょうか。
たとえば、就業規則に「法定休日は日曜日とする。」などと規定している場合です。

日曜日と他の曜日の労働日を振り替え、同一週の他の曜日に1日の休日が確保できていたとしても、日曜日は以前として法定休日であることに変わりありません。

この場合、日曜日の労働は法定休日労働となり、割増率は3割5分となります。

そのため、法定休日を特定することはオススメしていません。
法定休日を特定することまでは、労働基準法で求められていないのです。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/08/06(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/09/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)