休日に関するQ&A

所定休日に労働させた場合、その日の割増賃金はどうなりますか?

Answer

所定休日の労働は、法定休日に労働させたことに対する割増賃金ではなく、週40時間を超えたことに対する割増賃金ですから、2割5分(0.25)になります。

目 次

  • 法定労働時間外の割増賃金
  • 法定休日の割増賃金

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/10/12(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

法定労働時間外の割増賃金

法定休日が確保できていても、所定休日に労働させれば、割増賃金は発生します。

ただし、この場合は法定休日に労働させたことに対する割増賃金ではなく、週40時間の法定労働時間を超えたことに対する割増賃金ですから、通常の賃金(1.00)に加えて、2割5分(0.25)の割増賃金を支払います。


法定休日の割増賃金

一方、法定休日に労働させた場合には、通常の賃金(1.00)に加えて、3割5分(0.35)の割増賃金を支払います。

以上のように、休日の労働が、全て3割5分の割増賃金になるということではありません。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ