休日に関するQ&A

労働基準法上の「法定休日」とは何ですか?

Answer

法定休日とは、毎週少なくとも1回の休日を与えるか、4週間を通じ4日以上の休日を与えなければならない最低限の休日です。

目 次

  • 「法定休日」とは
  • 起算日は自由に決められる

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/07/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/08/03(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

「法定休日」とは

労働基準法第35条は、使用者は労働者に対して毎週少なくとも1回の休日を与えるか、4週間を通じ4日以上の休日を与えなければならないとしています。

こうした休日は、法が定めたものですから、法定休日と呼ばれ、就業規則等により事業所が定める所定休日とは、区別されるものです。

また、法定休日は、週1日、あるいは4週4日であるにもかかわらず、多くの会社が、法定休日を上回る休日(所定休日、あるいは法定外休日とも言います。)を設定しているのは、週40時間の法定労働時間と調整を図るためです。


起算日は自由に決められる

なお、原則は週1日の休日であり、4週4休を採用する場合は、就業規則により4週間の起算日を明らかにする必要があります。(施行規則第12条の2)

また、労働基準法は、法定休日を特定することを要求していませんので、日曜日が法定休日と定められているわけではありません。

なお、1週間の起算が何曜日からであるかは、就業規則や労働協約等により決められます。ただし、特段の決めがない場合は、日曜日を起点とした1週間となります。


MENU  次へ

TOP


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/07/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/08/03(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ