固定残業手当の不足金額

固定残業手当が労基法の割増賃金を下回っても違法ではないですか?
固定残業手当の額が、労基法所定の計算方法による割増賃金の額を下回っていれば、当該賃金の支払期に、その差額分を支払わなければなりません。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

労基法の割増賃金額を下回るのは違法

残業代の定額払い制を導入した場合、その定額払いの残業手当の額が、労基法所定の計算方法による割増賃金の額を下回っているのであれば、当該賃金の支払期に、その差額分を支払わなければなりません。

つまり、現実の時間外労働等に基づいて算出される法定の割増賃金額が、定額払いの残業手当や、割増賃金の要素を含む別の手当のうち、時間外手当相当部分を超えている場合は、法定の額に満たない金額を、別途支払う必要があるということです。

これらの要件を満たすことなく、残業代の定額払い制を導入することは極めて危険であり、紛争になった場合には、会社が負ける可能性が極めて高くなります。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2020年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/03/12(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/04/09(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)