育児休業中の失業保険

育児休業中の退職の場合、失業保険はいつの賃金をもとに計算されますか?
育児休業中の方が退職して失業保険をもらう場合、育児休業前の賃金が支払われた最後の月からさかのぼって6ヶ月間の賃金をもとに、金額が計算されます。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

育児休業中は無給が多い

雇用保険に加入していた従業員が退職した場合、その退職者は「失業保険」を受給できる可能性があります。

退職後に退職者が、自分の住所を管轄するハローワークへ行き、自分で手続きを行って失業保険をもらいます。

この「失業保険」は、雇用保険法上は「基本手当」といいます。
実際に退職者が受給できるかどうかは、過去にどれくらいのお給料をどのくらいの期間もらっていて、どれくらいの雇用保険料を納めていたかで決まります

ただ、育児休業中の従業員に対しては、会社はお給料を支払っていないケースが多いと思います。
育児休業中は社会保険料が免除になりますし、雇用保険からは育児休業給付金がもらえるからです。

育休前の賃金で計算される

会社からはお給料をもらわずに、無給であった育児休業中の従業員が、退職したときには失業保険をもらえないのでしょうか。

国の保険の仕組みは、なるべく公平になるように設計されていますから、もらえないということはありません。

育児休業中の方が退職された場合は、育児休業期間中の賃金は失業保険の計算対象にはならないのです
育児休業前の賃金が支払われた最後の月からさかのぼって6ヶ月間の賃金が、失業保険の計算対象となります。

ただし、育児休業期間中に、何らかの理由で月11日以上働き、休業前と同様の賃金が支払われた月がある場合、その月は失業保険の計算対象になります。
この場合は、当該月の賃金と、育児休業をする前5ヶ月間の賃金が失業保険の計算対象となります。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/06/11(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/07/09(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)