退職に関するQ&A

社員の合意退職と辞職退職の違いは何ですか?

Answer

社員からの退職の意思表示を会社が承諾して退職するものを「合意退職」、労働者からの一方的な契約解消行為を「辞職退職」といいます。

目 次

  • 2つの退職の意思表示

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

2つの退職の意思表示

労働者が労働契約を解消(退職)しようとする場合には、会社に対してその意思表示をすることが必要です。

労働者の退職の自由は、絶対的な権利ですから会社はそれを拒むことはできません。退職理由についても特に法的な規定はありませんので、原則は、手続きをとりさえすれば退職できます。

退職の意思表示は、退職の申し込み(合意退職と呼ばれます)と辞職の意思表示の2つに区分することができます。

実際にこの区分を理解して、退職を申し出る社員は、ほとんどいないでしょう。

退職の申し込みによって退職するためには、会社がそれについて承諾することが必要です。

一方、辞職の意思表示は、労働者からの一方的な契約解消行為であり、会社の承諾は必要ありません。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ