復職に関するQ&A

医師の診断結果を確認できない場合、どう復職を判断すればよいですか?

Answer

会社が安易に復職を認めて、復職後に再発してしまった場合、安全配慮義務が問われるリスクがありますから、復職については会社が納得した上での判断を下さなければなりません。

目 次

  • 医師への面談に労働者が同意しない場合
  • 就業規則へ規定する

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

医師への面談に労働者が同意しない場合

個人情報保護法の施行により、本人の同意がなければ、医師は会社に対して、労働者の個人情報を提供してはならないことになりました。したがって、従業員の健康に関して医師への面談等を求めたりする場合、予め本人の同意が必要ということになります。

では、本人が同意しない場合はどうすればよいでしょうか。

この場合、提出された医師の診断書は、復職可能であることの根拠として認めることができませんので、当然会社は復職を認めることはできないことになり、復職が認められなければ、休職期間満了によって、当然に退職となります。


就業規則へ規定する

会社が安易に復職を認めてしまうと、復職後に再発してしまった場合の安全配慮義務が問われるリスクが残りますから、復職については、会社が納得した判断を下さなければなりません。

そのためには、提出された医師の診断書に疑義が生じた場合は、医師に対して面談を求めること、そして従業員はそれに協力しなければならないこと、また正当な理由なく協力しなかった場合は、当該診断書を復職可能であることの根拠として採用しないことがあるということを、就業規則に規定して、包括的に同意を取っておくことが重要です。


前へ  MENU

TOP


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ