休職事由

休職制度の適用を認めなくてもよい場合はありますか?
「公の職務に就き、業務に支障があるとき」と「起訴休職」は、休職事由から削除し、休職制度の適用を認めなくてもよいと考えます。
このコンテンツの目次
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

公の職務に就く場合

就業規則の休職事由に、「公の職務に就き、業務に支障があるとき」と定めているケースがあります。

公の職務に就いたときに休職させることは、大企業ならともかく、中小零細企業ではあまり現実的ではありません。

こうした事由で休職させることまでは必要ないと考えます。

よって、「公の職務に就き、業務に支障があるとき」は、休職事由から削除してもまったく問題はないでしょう。

起訴休職

そのほか、「刑事事件に関し起訴され相当期間就労できないと認められるとき」を休職事由に規定している就業規則も、多く見受けられます。

これは、いわゆる「起訴休職」と呼ばれているものです。

刑事事件に関して起訴されているということは、最終的に無罪となったとしても、それは結果論です。

問題は、起訴後、どのくらいの期間勾留されるのか分からないということです。

この勾留期間は、不完全な労務提供であるどころか、債務不履行といえるでしょう。
債務不履行ということは、当初の労働契約を履行することができないわけです。
そのため、いわゆる解雇論に発展していくことになります。

よって、起訴休職は、休職事由から削除すべきだと考えます。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/06/11(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/07/09(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)