休職に関するQ&A

全員一律に休職制度を適用しなければならないですか?

Answer

休職とは終身雇用制度に由来し、会社に対する貢献度を勘案して適用するため、勤続年数が少ない人については、休職を適用させる必要はないでしょう。

目 次

  • 勤続年数を規定する

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/07/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/08/03(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

勤続年数を規定する

休職とは従来からの日本の労使慣行である終身雇用制度に由来し、これまでの会社に対する貢献度を勘案して適用するものです。

したがって、この休職の本来の意味から考えれば、仮に休職の要件に該当したとしても、全ての従業員に適用させる必要はないでしょう。

つまり、少なくとも、勤続年数が1年未満の従業員については、休職を適用させる意味はないと考えます。

休職事由と併せて、その点も規定しておく必要性があると思います。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ