非正規社員就業規則のポイント

非正規社員の就業規則を作成する際に、注意することは何ですか?
パートタイム・有期雇用労働法、労働契約法を踏まえて、職務の内容や人事異動の範囲等に関して、正社員との相違点を意識して規定しましょう。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

雇用形態ごとに個別の就業規則を作成する

会社を守るには、正社員就業規則の適用範囲の条文に「非正規社員は適用除外」と明記した上で、非正規社員就業規則を別に作成することが大切です。

正社員を「期間の定めなく正社員という呼称で採用された者」と定義し、自社において正社員以外の雇用形態の方がいれば、その雇用形態ごとに個別の就業規則を作成します。

非正規社員就業規則作成のポイント

パートタイマーやアルバイト・嘱託社員等のような非正規社員の就業規則を作成する際は、まず、正規社員就業規則の内容のうち、適用される部分と、適用されない部分を明確に区分することがポイントです。

そして、パートタイマー・有期雇用労働法や労働契約法を踏まえて、職務の内容や人事異動の範囲等に関する正社員との相違点を意識して規定することが、正社員と非正規社員との処遇の違いを明らかにする根拠として重要でしょう。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/06/11(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/07/09(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)