実例から学ぶ!「労基署・是正勧告」の真実!セミナー

実例から学ぶ!「労基署・是正勧告」の真実!セミナー
インターネットの利用できる環境さえあれば、お手持ちのパソコンやタブレット、スマホから生放送で、このセミナーをご覧になれます。

※ インターネット環境をお確かめください
セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。
ページ下部の注意事項に記載のリンクからサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上お申し込みください。

オンラインで受講する

セミナーの概要

最近、ニュースなどでも話題となった「かとく」という言葉をご存知でしょうか。電通やドン・キホーテ、ABCマートなど有名企業を検察庁に送検したことで認知されるようになりました。

「かとく」とは、「過重労働撲滅特別対策班」の略称で、2015年4月に悪質な長時間労働を行っているブラック企業を取り締まるための行政機関として、厚生労働省が東京と大阪に設置した精鋭部隊です。

「かとく」は主に大企業や困難事案をターゲットとしていますが、各都道府県の労働局にも「過重労働特別監督監理官(かとく監理官)」を配置し、その指示のもと実働部隊として稼働するのが全国321ヶ所の労働基準監督署(以下「労基署」)です。

さらに、「かとく」のメンバーは全員、労働基準監督官(以下「監督官」)で構成されており、特別司法警察職員として、違法な事業者を検察庁に送検する権限も持ち合わせています。

もちろん全国3,241人の監督官(2016年度)も、「かとく」に関わらず、同様の権限を持ち合わせています。

ですから、「うちの会社は大企業ではないから大丈夫」などと安心してはいられないかもしれません。

ちなみに、労基署は労働者からの申告による監督だけでなく、定期監督という通常の監督業務も行っていますが、2015年の実績では申告・定期監督合わせて15万5,428件を実施しており、書類送検にまで至った数は966件です。

定期監督に入られた事業場の割合は、全事業場のわずか3%となりますが、その中での違反率は実に約7割にも達します。

ほとんどの企業は『叩けば埃が出る』といった状況なのが実態で、悪質だと認められれば書類送検もあり得るわけです。

ついに厚生労働省が本腰を上げ、長時間労働や違法残業に対する取り締まりを強化した結果、違反企業の名称公表や、通常は是正勧告止まりであったような案件が書類送検されたりと、これまでとは明らかに様子が変わってきているということを見逃してはなりません。

また、このようなブラック企業の名称公表や、長時間労働による過労自殺、そして大企業の書類送検などの報道の盛り上がりと共に、過重労働や違法残業に対する労働者の意識も変わりつつあります。

勤務先に疑問を持った労働者の行き着く先が、労基署ということになります。
いわゆる「駆け込み」と呼ばれるものです。

労基署は、このような労働者からの申告があれば、当該企業に対して「臨検と呼ばれる強制捜査を行い、法違反の有無を調査することになります。

臨検そのものは新しいものではありませんが、労働基準監督行政のこのような変化を考えると、簡単なことではないかもしれませんが、これまでの運用を本格的に見直さなければならない時期が来ているのではないでしょうか。

そこで、変わりはじめた労基署と臨検、そして是正勧告の実態を、いち早く正確に認識していただくため、このセミナーの開催を決定しました。

「実例から学ぶ!「労基署・是正勧告」の真実!セミナーの風景

セミナーでは、これまでの当事務所の豊富な臨検対応の実績に基づき、労基署や監督官、臨検に関するQ&Aや、実際の事例をたっぷり紹介しながら、労基署の臨検についてリアルに解説します。

そして、実際の臨検の手順、監督官の調査ポイント、監督官への対応方法など、知っておきたい最新情報をすべて公開します。

本セミナーは、9月12日に当事務所で開催し、満席となりました同セミナーを収録した映像を、お手元のPCやタブレット、スマートフォンなどで視聴するオンライン配信となります。

11月は「過重労働解消キャンペーン」です。監督官の調査が強化されます。
是非、事前にご視聴ください。

オンラインで受講する

実例から学ぶ!「労基署・是正勧告」の真実!セミナーの内容

 1) 労働基準監督行政の最近の傾向を知る!
 2) 監督官はいったいどんな会社に調査に来るのか?
 3) では、監督官は何をしに来るのか?
 4) 臨検監督の全体像を把握しよう!
 5) ここれでスッキリ!臨検監督に対するよくある疑問
 6) 具体的な監督手順はこうなっている!
 7) 臨検監督で監督官がみるポイントはココ!
 8) これが真実!実際の監督事例7連発!

先にも申し上げましたが、このセミナーでは当事務所の豊富な臨検対応に基づき、監督官の臨検監督の実態と、企業の対応についてわかりやすく解説します。

監督官も人の子です。感情もあります。ですから、実際の臨検の際の対応方法も重要です。

竹内社労士事務所 代表 竹内睦

しかし一番重要なのは、日々の労務管理に問題点があるのであれば、早期に改善しておくことです。監督官が重要視してチェックするポイントもお知らせします。

もし、監督官の臨検が初めてのことであれば、不安もあるでしょうし嫌なものかもしれませんが、まずは実態を理解しておくことで、対策も打てますし、不安も軽減すると思います。

このセミナーは、お手元のパソコンやスマホからでもご視聴いただくことができますので、遠方の方時間調整が困難な方でも、お手軽にご利用いただくことが出来ます。

また、個別事案に関するご相談は、無料電話相談をご利用いただけますので、現在、是正勧告を受けていて是正方法にお悩みの方や、これから臨検を受けられる方など、疑問点をすべて解消してください。

ただし、社労士の皆様からのご質問や無料電話相談には対応いたしませんので、予めご了承ください。

それでは、是非、このセミナーをきっかけに、労務管理の改善に取り組んでください。

オンラインセミナー視聴要綱

名称 実例から学ぶ!「労基署・是正勧告」の真実!セミナー
講師 竹内社労士事務所 代表 竹内 睦
視聴環境 インターネットの利用できる環境(PC、タブレット、スマホ)
視聴期間 お支払後、ID発行日から1週間
視聴費用 21,600円(税込)
通信にかかる費用は視聴者のご負担となります。
注意事項

■インターネット環境をお確かめください
セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。以下のサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上お申し込みください。QRコードからもご確認いただけます。

https://deliveru.jp/pretest5/

https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
PW livetest55

ID発行後に「閲覧できません」というお問い合わせには応じかねます。必ず事前にご確認ください。

■推奨環境について
今回の動画配信は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」を利用しています。
推奨環境・ご質問は下記URLをご参照ください。

◎推奨環境
https://deliveru.jp/faq/#Q7

◎よくあるご質問
https://deliveru.jp/faq/
お問合せ 竹内社労士事務所 担当 下出(シモデ)
TEL 03-5980-7788(平日 9時~17時30分)
オンラインで受講する

サブコンテンツ

このページの先頭へ