「会社を守るユニオン対策/実践編」セミナー

「会社を守るユニオン対策/実践編」セミナー

セミナー開催予定

2016年 リニューアル予定

「会社を守るユニオン対策/実践編」セミナーのお申し込み

労務管理とは?

「突然、知らない労働組合(ユニオン)から団体交渉の申入書が送られてきましたが・・・」
このようなご相談が、毎日のように当事務所に寄せられます。

長引く不況の影響で、雇用関連のトラブルが激増しているのが、当事務所へのご相談内容と件数からも明確に感じます。

解雇された労働者や、会社に不満を持つ労働者が、1人でも加入することができる外部の労働組合(ユニオン)に駆け込むか、労働基準監督署に駆け込むかといった状況で、労働者側も必死です。

特定社会保険労務士 竹内睦

しかし、労働組合(ユニオン)から団体交渉を申し込まれると、ほとんどの中小企業経営者は、その対応に悩みます。

どこに、誰に相談すればよいのかさえわからない状況なのだと思います。

無理もありません。中小企業の多くは、大企業のように社内の労働組合なんてありませんから、労働組合対策など、普段から考える必要はなかったわけです。

現在では、インターネット等で、情報はいくらでも簡単に入手できますから、労働組合(ユニオン)に加入して団体交渉を申し入れてくる労働者が激増するのも、仕方ないのかもしれません。

しかし、検索エンジンで「労働組合対応」や「労働組合対策」などと、経営者側を支援するサイトを探してみても、ほとんど見当たりません。

それは、人事労務の専門家であるはずの社会保険労務士のほとんどが、「トラブルに巻き込まれたくない」「ノウハウがない」「関わりを持ちたくない」などの理由で、積極的に関与しようとしないからです。

もっとも、社会保険労務士の試験では、労働組合法の科目はほとんど勉強しませんから、仕方ないのかもしれません。

しかし、企業経営者が何の準備もないまま、百戦錬磨の労働組合と渡り合うのは、あまりにもリスクが大きすぎます。

例えば、団体交渉では、最初の対応が非常に重要となります。
いざ団体交渉の申し入れが来た場合、最初の対応を誤ると、あとあとまで不利な交渉を強いられることになってしまいます。

一旦、労働組合(ユニオン)に介入されてしまうと、非常に大きなストレスとなります。

団体交渉をはじめ、労働組合(ユニオン)への対応で、経営者のかなりの時間が奪われますし、多くの場合、憤りを感じ、精神的なストレスもかなり溜まってしまいます。

だからと言って、ずっと放置していたり、まともに労働組合(ユニオン)に対応しないだけで、労働組合法違反の不当労働行為とされてしまう可能性もあります。

ですから企業側としても、このような事態に備え、労働組合(ユニオン)対策をしっかりと考えておくことも必要なのだと思います。

私は、「社長を守る会®」を旗印として、徹底的に経営者側の仕事だけをお引き受けしてきました。

個別の労使紛争のみならず、労働組合絡みの集団的労使紛争にも、経営者側として積極的に関与しており、ほぼ毎日その対応に終始しています。

しかし、こうしているうちにも、新たに労働組合(ユニオン)に駆け込む労働者がたくさんいるのです。

ですから、私のこれまでの経験をすべて公開し、少しでも多くの経営者の皆様に、自分の会社を守ってもらうために、これまでのセミナーをさらにパワーアップして、2013年最新版にリニューアルしました。

「会社を守るユニオン対策/実践編」セミナーのお申し込み
「会社を守るユニオン対策/実践編」セミナーの風景

「会社を守るユニオン対策/実践編」セミナーの内容

  1. 使用者VS労働組合……2つのルールを確認しよう!
  2. 「日本的経営の三種の神器」の一つ、企業別労働組合とは?
  3. 企業別労働組合と合同労組・ユニオンは、原則と例外の関係か?
  4. いわゆる「合同労組」「ユニオン」とは?
  5. ストライキ(争議行為)の今
  6. ユニオンの組織拡大・勧誘活動の実態とは?
  7. 解雇後の駆け込み加入と残業代請求が典型的
  8. 事前交渉と団体交渉、そして非公式折衝という流れで解決
  9. これで万全!初めての団体交渉申し入れ対応原則とは?
  10. 団体交渉ルールの設定時の6つのポイントとは?
  11. ユニオンの個別労働紛争代理機能、このゴールは解決金
  12. 不当労働行為を知ることがベターな対応を可能とする!
  13. これが正当な組合活動ですか?(ビラ、街宣、ツイッター、ウェブ等)
  14. 親会社にユニオンショップ制あり、その子会社に忍び寄るユニオン
  15. 「北風と太陽」過半数組合を目指す戦略はどっち?
  16. 団体交渉における便宜供与要求はキッパリこう対応しよう!
  17. 暫定労働協約の締結要求は、ユニオンの目的を知ることで対応
  18. 労働委員会を活用した紛争解決手段と統計分析
  19. 団体交渉で詰まれば、調整(あっせん)をうまく活用しよう!
  20. 何か変だよ!不当労働行為救済申立!こんな内容でほんとにやるの?

セミナー参加者だけの魅力的な特典と保証

このセミナーでは、労働組合(ユニオン)の団体交渉への初期対応から、実際の団体交渉でのケースごとの対応、ユニオンの様々な戦術に対する対応、労働委員会のあっせんや不当労働行為の救済申し立ての活用法、解決までの道筋など、実践的な中小企業の労働組合(ユニオン)対策を、豊富な事例と共にわかりやすくお話しいたします。

このセミナーは、1名様分の参加費用(54,000円)で、1社2名様までご参加いただけます。是非、社長と役員、または実務担当者などでご参加下さい。

社会保険労務士の皆さんのご参加もお待ちしています。
使用者側の仕事をお考えでしたら、是非ご参加下さい。

また、セミナーの保証として、万が一、内容にご不満の場合は、参加費用を全額返金いたします。

お申込方法・お申し込みまでの流れについてはこちらからご確認いただけます。

是非、この機会をお見逃しなく。

「会社を守るユニオン対策/実践編」セミナーのお申し込み
サブコンテンツ

このページの先頭へ