年次有給休暇に関するQ&A

退職する従業員が有給休暇の一括請求をしてきた場合の対応は?

Answer

そもそも当たり前の話ですが、雇用関係にある従業員は使用者の指示命令に基づいて、誠実に職務を遂行する義務があります。

つまり、年休を取得しているということは、雇用関係が継続している訳ですから、仮に従業員が、退職の申出と同時に年休を一括請求し、翌日から出社しないという表明があった場合であっても、会社としては、引継ぎ業務を行わせるために、休日出勤命令をすることができるということになります。

年休を取得している期間中に出社させたら、年休を取得したことにならないのではないか、と思われると思いますが、そうではありません。

もともと労働の義務がない休日であれば、当該休日において、労働の義務を免除するという効果を持つ休暇を取得することは、理論的にできないことになりますから、会社としては年休日の合間にある休日に休日出勤を命ずることが可能なのです。

しかしながら、このような休日出勤命令が原因で労使間トラブルに発展することは想像に難くありません。

よって、当該休日出勤命令については、極力行使することなく、引継ぎを行わせるという交渉の中での、材料の一つという程度に留め、事前調整を行うことに努めるべきだと思います。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ