試用期間に関するQ&A

試用期間中にその試用期間を延長することはできるのでしょうか?

Answer

試用期間中に本採用としての判断をすることができない場合には、試用期間を延長することもできますが、実際に延長する際には注意が必要です。

目 次

  • 試用期間の延長規定と合意
  • むやみに延長することはできない

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


試用期間の延長規定と合意

試用期間中に本採用の諾否について判断できない場合は、その期間を延長するということも考えなければなりません。

試用期間の延長は、無条件でできるものではなく、就業規則に規定があるか、採用時に延長することもあるとの合意が無くてはならなりません。

したがって、所定の試用期間では、本採用の諾否の判断ができない場合には、試用期間を延長することがある旨の定めをしておいた方がよいでしょう。


むやみに延長することはできない

さらに、延長したことによる試用期間が、結果的に1年を超えるということになると、民法第90条の公序良俗に抵触する恐れがありますので、実際に延長する場合には、注意が必要です。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ