試用期間に関するQ&A

試用期間は、最長どの程度の長さを設定できるのですか?

Answer

試用期間の長さは、最長1年程度ですが、実際には、3ヶ月から6ヶ月の期間を設けることがほとんどです。

目 次

  • 試用期間の長さ
  • 長さの限度と実態

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


試用期間の長さ

試用期間の長さは、法的な定めがないため、企業ごとに定めていただいて問題ありません。


長さの限度と実態

しかし、「試用労働者は不安定な地位におかれているから、その労働能力や勤務態度等についての価値判断を行うのに必要な合理的範囲を超えた長期の試用期間は公序良俗に反し無効である。」(昭和59年3月23日名古屋地裁 ブラザー工業事件)という裁判例もありますので、長くても1年以内、実際には、3ヶ月から6ヶ月の期間を設けることがほとんどです。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ