「労務問題、一発解決!」DVD

「労務問題、一発解決!」統計から学ぶ会社を守る10の知恵DVD

竹内社労士事務所の最新セミナーのDVDです!
万が一の時に、的確な経営判断を行うための、労務トラブル全般を理解しておくための入門編DVDです!

商品内容

  • セミナー収録DVD (DVD2枚組 約3時間13分)
  • セミナー用レジュメ (A4版 35ページ)
  • 収録日 : 2016年09月12日
  • 価格 : 32,400円(税込、送料・手数料無料)
  • 制作 : 竹内社労士事務所
  • 販売 : 株式会社 社長を守る会

※ 社長を守る会 Web Shopへ移動します。
カートに入れる

最新セミナーDVD 新発売!

当事務所の最新セミナー、「労務問題、一発解決!」統計から学ぶ会社を守る10の知恵のDVDです。
このDVD作成のために特別にビデオ撮影・収録した特別版となります。

このDVDをご覧いただければ、労務トラブルの全体像が理解でき、万が一の時でも的確な経営判断ができるようになります。

「労務問題、一発解決!」統計から学ぶ会社を守る10の知恵セミナー

このDVDは、労務問題の基本を理解するために、労務トラブル全体像を様々な統計を用いて解説しています。

どのようなトラブルが、どんな時に、どれくらい発生し、会社にどのような影響を与え、どのような結果をもたらすのか。

また、労務問題が解決に至るまでの経緯や、金銭解決の場合の相場観など、いざ問題が発生した時でも、慌てることなく、的確な経営判断を行うためにも、是非とも知っておいていただきたい労務問題のイロハについて、わかりやすく解説しています。

これまで、労務トラブルとは無縁だったり、関心がなかった企業経営者の皆様にも、これだけは知っておいていただきたい、労務問題に関する入門編DVDです。

なにしろ価値観の違う複数の人間が、会社という狭い枠の中で共同生活を行う以上は、常に新しい課題や問題が発生し、いつの日か、これまでくすぶっていた火種が労務トラブルへと発展する可能性は否めません。

事実、個別労働紛争の相談件数は8年連続で100万件を超えています。

万が一、事件が発生した場合、会社の損失を最小限に食い止めるには、慌てず、的確な経営判断を下せるかが重要です。

もちろん、トラブルの原因や内容を知り、予防措置を講じておくことも非常に重要なのは言うまでもありません。

是非、このDVDをご覧いただき、万が一への準備だけはしておいてください。

※ 社長を守る会 Web Shopへ移動します。
カートに入れる

「労務問題、一発解決!」DVDの内容

1.個別労働紛争の統計から見る現場の状況とは?

2.個別労働紛争相談の主な内容とは?

3.労務トラブル12パターンの体系図

4.わが国における解雇に関する紛争の解決状況

5.労働基準法違反事件の送検状況

6.4.6通達【労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準】

7.うつ病と人事・労務管理の正しい対応

8.労働契約解消の4類型と雇用保険の給付区分を確認する

9.退職・解雇前の改善チャンスの与え方

10.退職勧奨と普通解雇は、紙一重ながらリスクは天と地ほど違います

経営者から人事労務の担当者まで

このDVDの目的は、企業経営者人事労務担当者管理職の皆様に労務トラブルの実態を理解していただき、今後に備えていただくことです。

労務問題が発生した場合、社内のみで解決できればベストですが、労働基準監督署への駆け込み、弁護士からの内容証明、労働審判、ユニオンなどの労働組合への加入から団体交渉の要求など、これまで経験したことのない実務に直面することになります。

そんな時、事前に解決までのシナリオや、その後の傾向を把握しているだけでも、結果は変わってくると思います。

竹内社労士事務所 代表 竹内睦

いずれにしても、一度トラブルが発生してしまうと、被害の大小はともかく、時間的にも精神的にも経済的にも会社はダメージを被ります。

しかし、事前に労務トラブルの全体像を知っておくことは、経営者の的確な判断には欠かせないものです。

いざとなったとき、相談先すらわからないといった状況が、中小企業経営者の現実なのです。

これまで労務問題を意識していなかった経営者の皆様には、特に一度ご覧いただきたいDVDです。

実際のセミナーには、距離的な問題や時間的な問題で参加することができない、または、繰り返し何度も観て、確実にノウハウを修得したいとお考えでしたら、是非、このDVDをご活用ください。

お申込方法についてはこちらからご確認いただけます。

このDVDが、皆様の会社のお力になれれば幸いです。

※ 社長を守る会 Web Shopへ移動します。
カートに入れる

サブコンテンツ

このページの先頭へ