就業規則作成の目的

就業規則とは、何のために作成するものなのでしょうか?

→ 企業秩序維持のほか、事業場の最低労働条件の設定、トラブルの回避、従業員とその家族の生活安定のために作成するものです。

目 次

  • 事業場の最低労働条件の設定
  • トラブルの回避
  • 従業員とその家族の生活安定

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


事業場の最低労働条件の設定

企業秩序を維持するという役割のほか、就業規則には、始業・終業時刻等の労働時間や賃金等の、一定の労働条件を定めることが義務付けられています。

就業規則によって定められた労働条件は、事業場における最低基準として位置づけられます。

これは、就業規則に定める基準に達しない労働条件を定める労働契約を無効とし、無効化されたことにより、白地となった労働契約の内容については、就業規則に定める基準が労働契約の内容になることを意味しています。

そのため、就業規則で定める労働条件の内容よりも不利な労働契約を締結しても、その内容は無効となり、就業規則で定める水準まで引き上げられます。

また、事業場の最低基準を定めた就業規則が、労基法に定める基準に達しない場合にも同様に、その部分については無効となり、労基法の基準が就業規則の内容になり、その結果として、労働契約の内容にもなります。


トラブルの回避

就業規則は、入社時に誓約書で同意を得て、また、その内容に合理性があれば、労働契約の内容になります。

ですから、他社の就業規則を流用したり、市販の雛形を利用したりした場合、自社の実態と異なる労働契約を締結するといった恐ろしいことにもなりかねません。

当然、自社の実態に合っていなければトラブルも発生するでしょうし、もし訴訟にでもなれば、大きなダメージを受けます。

そのような労使間のトラブルを防止するため、また、トラブルが発生した際の解決法の1つとして、就業規則が活躍します。

就業規則において、労働者の労働条件や遵守すべき企業秩序が明確であれば、ルール違反は一目瞭然ですし、その就業規則により懲戒を行うことも可能です。


従業員とその家族の生活安定

会社は、そこで働く従業員とその家族の生活を支えるために、事業を存続させ、収益を上げることが第一の目的です。

それを達成するためには、企業秩序を維持すること、および最低労働条件を規定しておくことが必要です。

ですから、就業規則を作成する真の意味というのは、会社の収益力アップと、ひいてはそこで働く労働者の幸せのためといえるでしょう。


前へ  次へ

このページの先頭へ