「中途採用成功の秘訣」セミナー

※ このセミナーは平成20年4月をもって終了いたしました。

セミナー講師 : 竹内社労士事務所 代表 特定社会保険労務士 竹内 睦

1) 個別労働紛争の相談件数が遂に100万件突破!そのうち30万件は使用者側の相談です!
2) 『市民法・労働三法・判例法理』で成り立つ雇用社会のルールの理解が決め手です
3) 使用者の最後の聖域。それは「採用の自由」
4) 最も多い労務トラブルの原因となる代表的な4パターンとは?
5) 労務トラブルを起こす人材の共通点はココ!
6) 履歴書の記載に経歴詐称がないかを確実に確認しましょう
7) 転職の多い人には危険がいっぱい。職歴はこれで全部か確認しましょう
8) 会社のリスクを減らす履歴書の見方
9) トラブル防止のために、自社の現状に対して適応できるかを必ず聞いておきましょう
10) 面接時の質問表のポイント 健康・協調性・能力の3つ。『聞きたいことは全部聞く』
11) 採用時の健康診断は、『採用決定前』にやらないと意味がない。『過去の病歴を聞く』
12) 退職理由に疑義がある場合は、前職の『退職時等の証明』を取る。解雇理由が明白です
13) 『運転記録証明書』で簡単にわかる、過去5年間の交通違反記録。モラルチェック OK
14) 試用期間中のトラブルには、書面による明確な契約解消条項入り労働条件通知書
15) 最終的な採用可否の判断は、試用期間満了時ではトラブルにつながります
16) 中途採用者には、減給や契約解消特約を定めた労働契約書が必須
17) 入社誓約書は『心も身体も健全で貴社の従業員としての適格性有り』と約束させる
18) 身元保証書は2人取る。たった2人から人物保証を取れない人を採用して大丈夫?

※ このセミナーは平成20年4月をもって終了いたしました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ