賃金不払い容疑で看板製造会社と社長を書類送検

井労働基準監督署は18日、看板製造業「キツポ宣弘社」(福井市江端町)と社長(51)を労働基準法違反(賃金不払い)の疑いで福井区検に書類送致した。

調べでは、同社は従業員5人に対し、02年5月~03年3月の賃金計約505万円を所定の期日までに支払わなかった疑い。同社は期日経過後に約224万円を支払い、国の未払い賃金立て替え制度で約183万円が支払われた。同社は昨年4月30日、2回目の不渡りで銀行取引停止処分を受け、事実上倒産した。

2004/03/19 毎日新聞

サブコンテンツ

このページの先頭へ