賃金不払い容疑で会社社長ら書類送検

三次労基署は15日、東城町福代、木材チップ加工・販売業、田原木材と同社社長、田原由之容疑者(63)を労基法違反容疑で広島地検三次支部へ書類送検した。調べでは、田原容疑者は昨年1~5月分の従業員3人の賃金計309万7456円を支払わなかった疑い。同社は昨年7月に事実上倒産。田原容疑者は昨年10月、同町の老人保健施設を巡る収賄事件で逮捕された。

2004/03/16 毎日新聞

サブコンテンツ

このページの先頭へ