採用・雇用に関するQ&A

採用選考時に、退職時の使用証明書の提出を必要とする理由は?

Answer

退職時の使用証明書には、入社日や退社日、従事していた業務やその役職、賃金・賞与額等の内容について、退職した会社が証明する書類です。

社員がその証明書の発行を請求した場合、会社はその義務を負うことになります。

証明内容は色々ありますが、最も大切なのは、退職事由(それが解雇の場合はその事由も含む)が証明されることです。

前職を解雇されたような人については、その事由も把握できますし、あるいは、会社と揉めて退職したような場合については、当該証明書の提出をすることができない人もいるでしょうから、採用のリスクを軽減する効果があると言えます。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ