解雇に関するQ&A

「その他前各号に準ずるやむを得ない事由」は限定列挙といえるか?

Answer

この規定でも限定列挙説に対応することは可能であると考えます。

ただし、この場合は、前各号に準ずるわけですから、前各号の規定の仕方も問題になると思われます。

つまり、大企業ならともかく、中小企業においても新卒一括採用の長期雇用を想定させるような規定を設けると、「その他前各号に準ずるやむを得ない事由」で解雇する場合に、大企業基準に近い手続きが要求される可能性があるということです。

また、主張立証責任の観点からも、中小企業においては、解雇事由の規定に「著しく」などという修飾語がある場合には、削除しておいた方が無難です。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/11/17(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ