服務規律に関するQ&A

頻繁な欠勤理由が仮病である従業員に対する対応策は?

Answer

実際に、仮病による欠勤であるという事実が判明した場合、始末書の提出を求めた上で、譴責、減給、出勤停止等を段階的に行い、最終的には解雇も可能だと思います。

本人に弁明と改善の機会を与えた上で、変化が見られない場合、年次有給休暇の付与条件である、年間8割の出勤率を一つの目安とし、最終的に解雇か否かを慎重に判断することになります。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ