就業規則全般に関するQ&A

就業規則を届出る際に労働者の同意は必要でしょうか?

Answer

就業規則とは、使用者側が一方的に制定することができるものです。

ですから、労働者の意見聴取とは言っても、労働者代表が単に意見を述べる権利があるに過ぎず、労働者の同意や使用者と労働者間の協議まで求めるものではありません。

ですから、文字通り意見を聴けば良いのであって、「本就業規則の内容には全面的に反対する。」という意見があったとしても、就業規則の効力に影響はありません。

また、労働者代表が意見をすることを拒否し、就業規則の届出に必要な意見書の提出を拒んだ場合であっても、就業規則の内容を説明して意見を聴いたことが客観的に証明できる場合には、労働基準監督署は、その就業規則の届出を受理する取扱いをしています。(昭和23年5月11日基発735号、昭和23年10月30日基発1575号)

そうは言っても、会社の収益力アップと、そこで働く社員の幸せのために作成するのが就業規則の真の目的ですから、使用者に一方的制定権があると言っても、従業員がヤル気をなくすような就業規則を作成することは避けるべきですし、できれば全従業員から同意書を取っておいた方が望ましいと言えます。

ましてや、就業規則の内容が、大幅な不利益変更を伴う場合は尚更です。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/09/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2017/10/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ